入れ歯

入れ歯のことでお悩みではありませんか?

噛みやすい快適な入れ歯をご提供します

噛みやすい快適な入れ歯をご提供します

「噛みにくい」「ものを噛むと痛む」「すぐに外れる」などの入れ歯の不具合でお悩みでしたら、難波・心斎橋の福家歯科へご相談ください。当院ではお一人おひとりのお口にフィットする入れ歯をご提供して、そうしたお悩みの解消を目指します。保険の入れ歯以外にも、快適で審美性の高い自費の入れ歯も取り扱っています。合わない入れ歯を使い続けているとお口に悪影響がおよぶ恐れがありますので、我慢して使い続けずに一度当院へご連絡ください。

見た目が自然な入れ歯も取り扱っています

見た目が自然な入れ歯も取り扱っています

入れ歯を装着した時、クラスプ(金属のバネ)が目立って口元の審美性が損なわれる場合があります。また、まわりの人に入れ歯を使っていることを知られたくない方もおられるでしょう。このように入れ歯の見た目が心配な方におすすめなのが「ノンクラスプデンチャー」です。これはクラスプを使用しない入れ歯なので、装着しても目立つ心配はありません。そのほか、軽くて薄いため違和感が少ない「金属床入れ歯」など、色々な種類の入れ歯をご用意していますので、見た目や使用感にこだわりたい方はお気軽に当院までご相談ください。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いは?

それぞれにメリット・デメリットがあります

入れ歯には「保険の入れ歯」と「自費の入れ歯」があります。大きな違いとしては費用面で、保険の入れ歯の方が費用が抑えられます。ただし、使用できる素材は限られます。一方、自費の入れ歯には費用がかかりますが、色々な素材の中から選ぶことができます。このようにそれぞれにメリット・デメリットがありますので、よくご説明したうえで患者さんにお選びいただくようにしています。

保険の入れ歯

使用できる素材はレジン(歯科用プラスチック)のみで、部分入れ歯の場合、クラスプ(金属のバネ)が目立って口元の見た目が悪くなることがあります。

メリット
  • 費用が抑えられる
  • 比較的治療期間が短い
  • 修理・調整が比較的簡単
  • 幅広い症例に対応可能
デメリット
  • 審美性が劣る
  • 床部分が厚いため、違和感が生じやすい
  • ものがきちんと噛めない場合がある
  • 食べ物の温度差が自然に感じられにくい
自費の入れ歯

弾力性のあるシリコンや金属など、色々な素材の中から選ぶことができます。クラスプを使用しない審美性の高い入れ歯も作製できます。

メリット
  • 色々な種類の素材の中から選ぶことができる
  • 審美性の高い入れ歯が作製できる
  • 使用感に良い入れ歯を作製することが可能
  • 入れ歯の耐久性を高めることが可能
デメリット
  • 費用がかかる
  • 修理が難しいものもある
  • 症例によっては使用できないものもある

入れ歯の特徴は?

※価格は税抜表示です

種類 ノンクラスプデンチャー 金属フレーム+ノンクラスプデンチャー 金属床入れ歯
(コバルト)
金属床入れ歯
(チタン)
素材 弾力性のある特殊素材 弾力性のある特殊素材 プラスチックと金属 プラスチックと金属
耐久性 ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆
審美性 ☆☆☆☆☆
クラスプを使用しない
☆☆☆☆☆
クラスプを使用しない
☆☆☆ ☆☆☆
装着感 ☆☆☆☆☆
軽く薄いため違和感が少ない
☆☆☆☆☆
薄いため違和感が少ない
☆☆☆☆
薄いため違和感が少ない
☆☆☆☆
薄いため違和感が少ない
噛みやすさ ☆☆
小さい入れ歯は噛みやすい
☆☆☆☆
安定していて良く噛める
☆☆☆☆
安定していて良く噛める
☆☆☆☆
安定していて良く噛める
メリット 床が薄く軽量
金属不使用なので入れ歯に見えにくい
無味無臭
床が薄くコンパクト
外側から見える部分にクラスプがなく、入れ歯に見えにくい
安定していて噛みやすい
食べ物の温度差がわかりやすい
金属部分を薄くでき、違和感が抑えられる
食べ物の温度差がわかりやすい
体に優しい金属
金属部分を薄くでき、違和感が抑えられる
デメリット 汚れが付着しやすい
修理が難しい
症例が限られる
汚れが付着しやすい
修理が難しい
費用がかかる
多少重い 費用がかかる
費用 80,000円~ 140,000円~ 250,000円~ 350,000円~

※表は左右にスクロールして確認することができます。