小児歯科

  • HOME>
  • 小児歯科

お子さんの歯は大人の歯より虫歯になりやすい?

乳歯の虫歯もきちんと治療しましょう

お子さんの歯(乳歯)は大人の歯(永久歯)よりも虫歯になりやすいとされています。それは乳歯の方が薄くて軟らかいためで、一度虫歯になると永久歯よりも早く進行してしまいます。「乳歯が虫歯になっても生え変わるから大丈夫」と思われがちですが、そうではありません。乳歯が虫歯になるとお口の中で虫歯菌が増えるため、永久歯に生え変わった後も虫歯リスクが高まりますし、また虫歯で乳歯が抜けてしまうと、欠損部分の両隣の歯が倒れ込んで来て歯並びの乱れの原因となります。このように乳歯の虫歯は永久歯に悪影響を与えるものですので、きちんと治療するようにしましょう。

お子さんの虫歯予防は「フッ素塗布」「シーラント」がおすすめ

通常、乳歯は1年半程度かけて、永久歯は3年程度かけて唾液に含まれるカルシウムなどを取り込んで硬くなっていきます。このタイミングで歯科医院の定期検診でお口の中をきれいにし、フッ素塗布を受けることで歯質を強化し、虫歯になりにくくすることができるようになります。また、奥歯の溝をフッ素と含んだ樹脂で塞ぐシーラントという予防方法で、奥歯の虫歯を予防します。

お子さんは歯科医院が苦手?

怖がらせずに優しく治療します

難波・心斎橋の福家歯科の院長は、勤務医時代にたくさんのお子さんに治療を行ってきた経験があります。「1日中、お子さんだけを診た」という時もあり、お子さんへの治療には慣れています。

初めての歯科医院で恐怖心を植えつけてしまうと、それを取り除くのは簡単ではありません。トラウマになってしまい、大人になっても歯科医院に通えなくなることもあります。当院ではそうしたことがないように、緊急時を除いてはいきなり本格的な治療は行わず、まずは歯科医院の雰囲気に慣れてもらい、診療チェアに座ってしっかりお口を開けることなどから始めるようにしています。

小さいうちから歯科医院に慣れさせてあげましょう

小さいうちから歯科医院に慣れさせてあげて、「歯科医院は怖いところではない」と知ってもらうことは、その子に「一生健康なお口」をプレゼントすることに繋がります。歯科医院で定期検診を受ける習慣が身につけば、歯に対する意識が高まって毎日の歯磨きを一生懸命行うようになりますし、何よりも成長してからも定期メンテナンスに通ってお口の健康が維持できるようになります。

お子さんの虫歯予防の方法は?

定期検診

3ヶ月に1回など、歯科医院で定期検診を受けてお口の健康状態をチェックしましょう。この時、虫歯が見つかっても初期のうちに発見することが可能なので、負担の少ない治療で治せるようになります。

フッ素塗布

フッ素には歯質を強化したり、細菌の活動を抑制したりする効果があります。これを定期的に歯の表面に塗布することで歯を虫歯になりにくくします。また初期の虫歯の改善にも効果的です。

シーラント

奥歯には細かい溝があり、歯垢(プラーク)や食べかすが詰まりやすく虫歯リスクが高いです。また、歯ブラシが届きにくいので歯磨きだけではきちんと汚れが取り除けないことも多いです。そのためフッ素を含んだ樹脂であらかじめ塞いでおいて、奥歯が虫歯になるのを防ぎます。

歯磨き指導

虫歯予防のためには正しい方法で歯を磨き、お口の中を清潔な状態に保つことが大切です。お子さんそれぞれのお口に合った歯磨き方法を指導して、ご自宅でのケアの精度を高めます。あわせてお母さん・お父さんには仕上げ磨きの方法をアドバイスします。