親知らず

  • HOME>
  • 親知らず

親知らずとは?

一番奥に生えてくる歯のことです

一番奥に生えてくる歯のことです

親知らずとは、乳歯から永久歯に生え変わった後、歯列の一番奥に生えて来る歯のことです。一般的に15~30歳ごろに生えてきますが、生えて来ない方もいます。親知らずは必ず抜歯しなければいけないというわけではなく、きれいに生えていて問題がなければそのままでも大丈夫です。ただ、最近は顎の骨が小さい方が多いため、横・斜め向きに生えてきて様々なトラブルの原因となるケースが多いです。

親知らずが生えてきたら、難波・心斎橋の福家歯科へご相談ください。親知らずを確認したうえで、抜歯が必要かどうか適切に診断させていただきます。

どんな時に抜歯を検討するのか?

親知らずが虫歯・歯周病になっている

親知らずへは歯ブラシが届きにくいので、虫歯・歯周病になりやすいと言えます。きれいに生えている場合でも、重度の虫歯・歯周病になっている時には抜歯を検討することがあります。

隣の歯の虫歯・歯周病の原因となっている

親知らずが横・斜め向きに生えていて、隣の歯の歯磨きを邪魔して虫歯・歯周病の原因となっている場合には、抜歯した方が良い時があります。

歯並びを悪くしている

親知らずが手前の歯を強く押していて、歯並びを悪くしている場合には抜歯を検討することがあります。

親知らずが噛み合っていない

親知らずが噛み合っていないとどんどん伸びて来て、歯茎や頬の粘膜を傷つける恐れがありますので、こうした時には抜歯を検討します。

親知らずの抜歯のこだわりは?

「診断」を大事にしています

安全に親知らずを抜歯するためには、「当院で対応可能かどうか?」をきちんと見極める診断が大事だと考えています。通常の親知らずであれば当院でも対応可能ですが、埋伏歯や神経に近い親知らずなど、難症例の場合には連携する口腔外科の専門医をご紹介しています。

専門医と連携して抜歯

当院で対応が難しいと判断した場合には、口腔外科の専門医と連携して抜歯を行います。実績・経験豊富な専門医が、安全かつスピーディに処置しますので、親知らずでお困りでしたら一度当院へご相談ください。